男性女性

迅速に慎重に行うスズメバチ駆除|刺されたら危険な害獣

害獣被害を防ぐ方法

ハチの巣

忌避剤と光るものを置く

イタチは、小動物や果実などを餌とするので家に住み着くネズミやコウモリなどを捕まえに屋根裏などに侵入します。人が住む家は食べ物となるものが多く、温かく敵に襲われる心配が少ないため巣として最適なので繁殖に使われます。小動物の死骸やイタチ自体から寄生虫や様々な病原菌が発生しやすく、衛生環境が悪くなったり物音などで眠れなくなることがあります。イタチ駆除には、主に忌避剤と光るものを置くという方法になります。忌避剤をイタチの通り道に置いておくことで危険であることを知らせます。イタチが居なくなってからもしばらく置いておく必要があります。また、イタチは光に敏感で強い光を出すと人間に見つかったと察知して寄り付かなくなります。そのため、CDなどキラキラ光るものをぶら下げておくと良いと言えます。

侵入できないようにする

イタチ駆除の基本は、まず侵入させないような環境を作ることです。イタチは大体体長が35センチ前後ほどで15センチほどの尻尾があります。家の中に侵入してくる小動物としては比較的大きめなので、ねずみやコウモリなどよりも見つけやすく駆除しやすいと言えます。イタチ駆除だけでなく他の小動物の駆除にも言えることですが、食べ物となるようなものを置かずにすべて冷蔵庫や棚の中にしまいます。イタチを駆除するときは、業者に依頼することが大切です。業者によっては、24時間受け付けをしているところがあるので、イタチを駆除しようと思えば、すぐにお願いすることができます。

Copyright© 2016 迅速に慎重に行うスズメバチ駆除|刺されたら危険な害獣 All Rights Reserved.